より良い生活と住宅利用【住宅をしっかりと利用する】

不動産を選ぶときの大切なポイント

Contents

住宅を活用

近年では、住宅の利用において非常に手軽かつ、優良な方法を適応することが可能になっています。様々な方法で住宅の利用をより活性化させる事が出来る用になっていると言えるのです。

MORE

公共料金の節約

エコ住宅に住むという場合は、地球環境といったエコに配慮していく役割を持っているということで公共料金を抑えていくことが出来ます。住宅エコポイントも貰えるので一石二鳥と言えます。

MORE

お得な契約が出来る

仲介手数料無料の物件を選ぶことによって、お得に契約を進めていくことが出来ます。また、このような不動産が増えていっているためこれからも人気が高まると予想されるでしょう。

MORE

メリットが多い

不動産売却を行なうことによって、良い価格で買い取ってもらうことが出来ます。また、購入して売却を行なった利益を利用してビジネスを行っているという人もたくさんいます。

MORE

実際に見てみる

マンション売却を行なうには綺麗にしておく事がとても大切です。実際に見学に来た人にとって綺麗な部屋は好印象です。売却が出来る可能性に繋がるので、しっかりと心がけておくようにしましょう。

MORE

賃貸の利用

賃貸物件を借りる際に支払う初期費用

賃貸のアパートやマンションを借りる際に支払う初期費用はばかになりません。地域によって異なりますが、首都圏などでは、敷金、礼金に加え不動産業者に支払う仲介手数料があります。ほとんどのケースで一か月分の家賃プラス消費税を要求されます。これは、貸し手と借り手を仲介する不動産会社が宅建法に基づいて受け取れる仲介料の上限です。 本来、仲介手数料は、貸し手と借り手双方から半分ずつ徴収したほうが公平だといえますが、実際には借り手が支払うことが一般的です。 最近、賃貸情報の中に仲介手数料無料という物件が目につくようになってきました。これは、不動産業者自身が持っている物件だと考えられます。 物件情報は広くネットで公開されているので、初期費用を抑えるなら、仲介手数料無料の物件を探すのも一つの方法です。

賃貸物件は家賃以外の条件もよく見る必要があります

確かに、仲介手数料無料というのは魅力的な条件です。ほとんどの賃貸物件の場合、一か月分の家賃を不動産業者に支払うことになります。敷金と違い、このお金も戻ってきません。 しかし、物件によっては、交渉すれば値引きに応じてくれるかもしれません。人気の物件で入居者がたくさんいる場合、そのような交渉に応じてくれる大家さんや不動産業者はいませんが、なかなか入居者が決まらないような物件の場合、交渉の余地があるかもしれません。 もしかしたら、大家さんがわが仲介手数料の半分を負担してくれるかもしれません。あるいは、不動産業者が減額に応じてくれるかもしれません。 大切なことは、仲介手数料無料という条件だけでなく、他の条件が借りる側にとっていいかどうかです。総合的に判断することが大切です。