より良い生活と住宅利用【住宅をしっかりと利用する】

不動産を選ぶときの大切なポイント

メリットが多い

不動産売却のメリットとは

不動産を所有している場合、その土地や建物を利用している場合は特に問題ないのですが、不動産を必要としなくなった場合や、相続により土地と建物をもらったけども利用せずに固定資産税だけを支払っている状態であれば、思い切って売却してしまった方が金銭面で良いと思われます。 不動産を売却するメリットは何でしょうか。 かつては、不動産を所有することでその価格が上昇していったため、不動産を持っているだけで資産と言われました。それが通用したのがバブルの頃までで、それ以降に関しては一部の地域を除いて不動産の価値が下がる一方です。そのような状態であれば不動産を所有し続けるより売却した方が金銭的な負担がなくなり今後の計画も立つのです。

売却することのデメリットはあまりない

不動産を売却する場合、デメリットと言うものはあまりありません。デメリットがあるとすれば不動産屋に仲介手数料を払うことなどぐらいでは無いでしょうか。 もしも、これから土地の価格が値上がりするとすれば、このまま所有をしていた方がメリットといえます。 しかしながら、今後土地の価格が上昇する可能性はあまりありません。 それは、少子化の影響で、現在所得を得ている人が7,000万人ほどいると言われていますが、20年後には5,000万人に減少すると言われています。土地を購入する人口が減少してくるため地価もおのずと下がってきます。 また、建物ついても同様のことが言えます。そして日本の建物の場合、中古物件にはあまり価値がないとされているため持ち続けても大したメリットはありません。