より良い生活と住宅利用【住宅をしっかりと利用する】

不動産を選ぶときの大切なポイント

実際に見てみる

内覧時に部屋を綺麗にして、好印象を与える

マンションを売却する際少しでも高く売るために、マンション売却を考えているのなら、経済や金利の動向に注目するようにします。低金利の時に住宅を買おうとする意欲が高くなります。またこれから金利が上がっていく観測が強いときには駆け込みで住宅購入が増えます。また買主に内覧してもらう際は室内クリーニングをしておくと、綺麗にみえて交渉が有利に働きます。内覧時に好印象を持ってもらえるよう工夫します。リビングに余り物を置かない、空気の入れ替えをするなど、綺麗に広く見せるのが大事です。花を飾るのも効果的です。また売却をする際、買主の方はなるべく安く買いたいと交渉してきます。その交渉に流されない仲介業者を選ぶことも大事です。

マンション売却のパターン

利回りの高さから投資用のマンション購入は注目されています。長期に保有して、家賃収入を得る形で購入する人が多かったのですが、最近は短期保有に切り替える人が増えています。つまり売却における利益確保を目的とする人が増えているということです。これは、不動産価格の下落に歯止めが見られたことによります。家賃収入を毎月のローン返済に充て、売却時にはその返済の元本部分がある程度手元に残るということになります。また中古マンションの値下がり分は減りますが、その値下がりも縮小傾向にあります。売却での利益が増えることが期待できます。そのことにより、投資用マンションを購入して、安定した収入を得るというよりは、売却して利益を得る傾向になっています。