より良い生活と住宅利用【住宅をしっかりと利用する】

不動産を選ぶときの大切なポイント

お得な契約が出来る

仲介手数料無料にする交渉の工夫

賃貸物件を借りる際にはいかにして費用を削減するかということに多かれ少なかれ注目するものです。そのために役立つのが交渉であり、家賃交渉を始めとして、敷金や礼金といった初期費用を削減する交渉を行うことによって少しでもお得に契約をするという流れが強まっています。 その際に気をつけた方が良いのが仲介手数料無料にするための交渉です。仲介手数料は不動産会社にとっては唯一の収入であり、仲介手数料無料とするのはただ働きをするよう依頼しているようなものなのです。そのため、交渉の仕方には工夫が必要です。仲介手数料無料にするようお願いするのではなく、貸主に支払いを求めるように交渉するのです。そうすることによって不動産会社も仲介手数料を手に入れるための家主との交渉が行いやすくなり、印象を悪くすることなく交渉が成立する確率を高められるのです。

仲介手数料に関する傾向の変化

賃貸物件を借りる際に交渉を行うということが一般的になってきたことや、仲介手数料が本来は借主と貸主が折半するものであるという事実が認識されてきたことにより、そのあり方が変わってきています。通常、家賃の一ヶ月分を借主に請求するようになっていましたが、それを半月分とする不動産会社が増えてきているのです。 これは集客効果を高めるためでもありますが、家賃交渉において仲介手数料無料を申し出られたときのための対策にもなっています。予め半月分は貸主から申し受けることにしておくことにより、交渉で借主からの分が無料になっても半月分の収入にはできるようになるからです。借主に対するサービスを充実させつつ、不動産会社の利益も守る好悪妙な方法が広まってきているのです。